便秘がずっと続いたので本気で腸内フローラを知った

便秘がずっと続いたので本気で腸内フローラを知った

管理職をしています。さて私の趣味は川での鮎釣りです。それも友釣りです。毎年6月から9月末までは休みの日は川に通っています。

 

 

鮎の釣り道具は高く鮎の友釣りを始めるには最低でも6万円位で最高では30万以上道具を揃えるのにかかります。

 

 

 

一番高いのは竿ですが、その次がタモ網といわれる、掛かった鮎を受ける網です。

 

 

これは普段は腰に刺しているのですが、転んで折れたり、流れに捕まって流されたりと高い割りに消耗品的に買い換えなければいけません、安くても5千円、高いものでは3万円とかします。

 

 

 

私は2年に一度くらいは流されたり折れたりで買い換えて出費がかさんでいました。その時釣り仲間が持っているタモ網を見ると、木製でした。聞くと自作らしい。

 

 

 

慣れると作るのは難しくないらしいが、原木を探すのが難しいとのことでした。早速私は鮎のシーズンオフに作ることにしました。

 

 

 

インターネットで日々調べて大体のことはわかりました。早速原木探しです。使える木は、枝が平行に伸びている、カヤ、モミ、ネズの木だということです。しかし家の近所の山には全くありません。ネットで調べてもどこにあるかわかりません。

 

 

 

作っている人に聞いてみることにしました。一番いいのはカヤの木で作りやすいのがモミの木。

 

 

 

生息場所は、川の源流域の岩盤地帯ということです。休みの日に探しに行きました。初めて見つけたのはモミの木でした。ネットのとおり作りましたが枝が細すぎて失敗。2回目の探索で見つけたのはカヤの木。一つの木から2本取れましたが、一本は円形に曲げている最中に折れて失敗。

 

 

 

もう一本は円形の両側を接着するときに失敗し折れました。再度ネットで勉強です。こんなに勉強したことが無いくらいしました。

 

 

 

またまた山へ行き、カヤの木を取ってきて製作。なんとか完成しましたが、塗装が甘く、使用中に塗装がすれて原木が出てくる始末。

 

 

 

その度勉強です。調べました。色々と。そんなこんなで鮎のタモ網を自作し始めて早4年経ちました。

 

 

 

失敗作は8本。完成したのは5本。2本は釣り仲間にプレゼントしました。現在製作中は1本です。伐採してから乾燥時期を含め完成まで最低4ヶ月くらいかかるので、気長な趣味です。

 

 

 

現在は鮎の時期に、川へ行ったときは、必ず周囲の木をチェックしています。実はいい木があると釣りよりも優先してしまいます。

 

 

 

そしていいのがあれば、ゲットして持ち帰り、製作用に保管しています。昨年から始めたのはこのタモの柄にビーズやスパンコールを埋め込んで模様を描いたりしています。

 

 

 

今後とも鮎つりを続ける間はこのタモ作りは続けます。

 

 

ここで腸内フローラのサイトをガッツリ紹介するようになった経緯としては、便秘の日々が続くようになって乳酸菌の知識を付けた事が多いと思いますね。

 

 

日本人の体は本来和食を食べる体だと思います。近年はマクドナルドが入ってきて以来食事が少しづつ欧米化になっていると思います。

 

 

今腸に問題を抱えている人の多くは様々な要因がありますが、食事が大きなテーマになっていますよね。

 

お金に困らないように生活をするのも凄く大切だけど、実際問題、お金がない状態は誰にだってありえるわけですからね。

 

 

 

まずは貯金500万円でも良いから目指して、そこから狙える部分を増やしていこう。

 

http://okaneganaikaiketus.com/   http://okaneganaikaiketus.com/

 

 

お金がない時には本当にどうしようもないからね。